特長について

地域通信員・地域通信応援隊

  • 地域やつくり手の応援者が『地域通信員』となり商品販売をサポートします。
  • 『123ね!っと』の現地窓口となります。
  • 商品ページやストーリーページのコンテンツ作成
    (出品者) 写真・資料 ←→ 取材(通信員)
    双方でフォローしあいます。
  • 『地域通信員』 と『地域通信応援隊』
    ・地域通信員(売上の10%が手数料)
    ・地域通信応援隊(つくり手との間で自由に謝礼を決める場合・報酬を受けとりにくい場合・気軽に応援したい場合)

SNSを活用した
つながりプロモーション

Facebook、Twitter、Instagramを誰もが日常的に使う時代。TV、新聞、雑誌などのこれまでのメディアからよりも、これらのSNSから入ってくる情報のほうが多い時代となってきました。『123ね!っと』は、これらSNSを最大限に活用してプロモーションを行います。
 
『地域通信員・応援隊』 『出品者』 『運営者』が一体となり、個々の記事で応援・シェアを拡散していきます。 『123ね!っと』サイトはこれらの情報が集約され、全国各地域の情報がクロスし、全国の人にアピールできるようになります。 
従来メディアへのPR(プレスリリース)や各種ネットプロモーションのメニューもオプションにてご用意いたします。

 

カスタマーセンター&事務局を置きます

カスタマーセンター(顧客対応)
サイトや電話による注文受けに始まり、在庫、納期、金額確認のやりとり、発送連絡、問合せなど、購入者対応をメールや電話で対応いたします。WEBサイトの更新も行います。
 
事務局(出品者、通信員対応)
通信員からの写真・原稿のとりまとめや調整、決済代行(銀行振込、クレジット、代引き)を行い、月次レポートを作成いたします。出品者や通信員への代金や手数料の支払いなどをとりまとめて行います。

 

ショップサイトの構築・制作を行い、ブース感覚で、1品から出品可。成果報酬を基本とします

一般的ショッピングモールは、店舗出店料として2万~5万の月額費用、初期費用も数万円とかかります。
また、その費用がかからないところでも、ショッピングサイトを制作や更新を外注や自前で行い、顧客対応、受注管理、決済、レポート等の店舗運用もまた自前で行う必要があります。
 
始めるばかりの方や、商品数の少ない方には、しきいが高すぎる状態です。『123ね!っと』は、1品単位の登録制でブース感覚の出品ができます。当面の間試験サービス期間とし、初期費・固定費のない売上げの分配方式をとります。それそれが、一丸となって販売を行っていきます。
出品者 70%~80%(通信員兼任や応援隊と組む場合)
通信員 10% / カスタマーセンター 10% / 事務局 10%
 
2016年2月からβオープン
(試験サービススタート)
(無料)初期費用 月登録費用

⇒ 売上の収益配分詳細はこちら

 
 

どんな人に向けていますか?

お客さま
  • 30代、40代の新聞よりネットから情報を得る方々
  • 産直やマルシェなど直接、生産者製造者から買いたい方々
  • 地域の魅力を感じる方々
  • ふるさと納税など地域愛を持つ方々
  • 大量流通商品より希少商品のほうが好きな方々
地域通信員
  • 地域おこし協力隊やOB
  • 6次産業化プランナー
  • ふるさとプロデューサー
  • 地域ものライター
  • 地域マネージャー
  • 地域コーディネーター
などなど、特に職種を限定するわけではありません。一例です。

地域通信応援隊
  • 公務で報酬を受け取りにくい応援者
  • これから地域活性を応援したい人
  • 勉強過程の人(含む学生)
  • 気軽に応援したい人
生産者・製造者
  • 商品の種類や品数が未だ少ない方
  • 地域支援者と商品開発など進められている方
  • ネット店舗を設けるほど資金・時間・ITスキルなどが十分でない方
  • すでにネット販売をやっていて、発送など慣れているが、SNSや地域通信員のプロモーションを活用してみたい方
  • リスクなく試しに始めたい方
 

地域クロス <都市-地域クロス>

Facebook、Twitter、Instagramなど、地域通信員ごとにたくさんのフォロワーの方がつながっています。 SNSの各通信員の情報を『123ね!っと』サイトに集約し、各地域の情報をクロス・拡散していきます。

地域クロス

Copyright © 123ね!っと All rights Reserved

PAGE TOP